日本代表のブラジル、ベルギーとの2連戦、一番印象に残ったのは、松木安太郎氏の話芸が健在だったことかな。ブラジルとの試合の後半、松木氏は盛んに、「日本は前から行かなきゃ駄目だ」と指摘していた。しかし、前からのプレスがはがされて、後ろが薄くなりピンチを迎えた場面で、「あ~、人数が足りない」と悲鳴を上げていた(笑)。まあ、実は本人はまっとうな専門家で、テレビの解説は自分の芸風を自覚した上でビジネスとしてやっているらしいけど、前から行ったら必然的に後ろは薄くなるっちゅうの。

 それにしても、「日本代表に入りたい」と言い残して大宮に移籍して行った大前氏は、今何を思うのかね。まあ、どうでもいいけど。

 代表週間も終わり、そろそろ本格的に清水モードに戻していかないとな。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村