何度もご報告申し上げていたとおり、所長は8月に仕事が鬼のように忙しく、時間的・精神的余裕がなかったので、鹿島戦、浦和戦はライブ視聴せず、情報を遮断した上で、仕事を乗り切ってからじっくりと腰を据えて見逃し配信観戦することにした。その際に、この2試合の勝ち点について所長が思っていたことは、次のような感じだった。

勝ち点4以上:嬉しくて泣いちゃう
勝ち点3:上々だろ
勝ち点2:及第点
勝ち点1:何とかそれだけは確保したい
勝ち点0:別の意味で泣いちゃう

 それで、このほどようやく、見逃し配信で、浦和戦も観戦し終えたわけだが、結局、2試合で勝ち点は0。最悪のシナリオとなった。

 さすがに、柏戦で見せた守備崩壊からは立ち直り、鹿島戦、浦和戦と、最低限の守備の集中力や気迫は感じられたと思う。しかし、攻撃側にちょっと気の利いたことをされると、もう付いて行けないという感じだ。鹿島戦では僅差の時間が長く続き、浦和戦に至っては先制までしたのに、それでも個人的には「勝てる気がしないなあ」と思いながら観ていた。

 この間、清水情報をフォローしてなかったから、その後のチームの状態や雰囲気のことが分からないけど、切り替えてほしいなあ。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村