エスパルス研究所

清水エスパルスの躍進と新スタジアム建設に向けた考察

2024年07月

1879

 観ていて不満とストレスばかりたまる90分だったが、結果的にはなぜかがっちり勝利し、首位奪還のオマケ付き。

 試合後の秋葉監督は、やたら「距離感」ということを強調し、それが改善したことに手応えを感じている様子。一応、「超攻撃的、超アグレッシブ」という標語も繰り返していた。

 アウェーで惨敗が続き、やり方を徹底するのか、それとも変えるのかというのが、秋葉清水に突き付けられた難問だった。監督の口ぶりからすると、「徹底」を選択し、結果的に勝利を手繰り寄せたように思える。

 しかし、監督の実際の采配は、相手を見ながら慎重に戦い、交代策が非常に遅く、しかも守備重視と思える人選だった。超アグレッシブの徹底というより、現実路線でアウェー連敗地獄に終止符を打ったような気が個人的にはしたが、果たして真相はどうだったのだろうか。

 それにしても、敵将の片野坂氏が、「清水の弱点を突こうとしたが…」というような発言をしていたのが気になった。弱点がバレバレで首位という、変なチームだなと、痛感した。我々素人には、その弱点というのが、イメージでは分かっても、なかなか具体的に言語化できない。ぜひ、後半戦の観戦のお供に、知将・片野坂氏に清水の弱点を解説してほしいものである。もう今年の対戦も終わったので、利害関係はなかろう。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

63

 前半優位に試合を運べたのは、珍しくブラガが切れていたことが大きかった。普段は迷走台風のごとく、やたら真ん中に持ち運びたがるブラガだが、しばらく出番を失って自分のプレーを見直したのか、この千葉戦では割とウィンガーの役割を忠実に果たし、彼のところから局面を打開して得点に繋げた。まあ、しかし、ドリブルのタッチが大きすぎてボールを失うケースが相変わらず多いし、プレスバックも弱い。

 2点リードしてからは、特に後半は、我慢の時間が続いた。時折、チャンスになりかけるのだが、清水はどうもポジティブトランジションが下手である。攻撃を発動しようとすると、逆に変な形でボールを失うので、「こりゃ攻めない方が安全だわ」ということになり、守るだけになる。実際、今回の千葉戦も、結果的には守り切れたわけだが、「これでいいのか?」という課題は残った。

 清水の中盤って、良い形でボールを受けても、そこから仕掛けたり、前を向いたりしないよね。秋葉監督はバックパス禁止みたいなことまで言っているのに、ファーストチョイスが下げることになっているような。そのあたりが、ターンして前を向き局面を打開できる乾との違いなのだろう(その乾も今季は空回りするケースが多いが)。

 当ブログでは、「なぜ清水はポケットを攻略しようとしないのだ」という疑問を、ずっと提起してきた。最近、ポケットえぐりのプレーが時々見られるようになり、そのこと自体は嬉しいのだけど、ポケットからのマイナスの折り返しが、必ずと言っていいほどズレる。今回の千葉戦の原テルの折り返しが、「なんじゃそりゃ」というくらいズレたのが象徴的だった。これは、ポケットを攻略した上で、中の選手はこういう形で詰めるといったような、実践的な良い練習ができていないからではないかと、個人的には疑っている。

 まあ、でも、勝ってよかったな。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

1870

 謎のアウェイ弱い弱い病に冒されていた清水。これでホームでも負けたら、単に弱い弱い病になってしまい、優勝や自動昇格のみならず、ズルズル行って、プレーオフ圏内からも消えかねない状況だった。それが回避できたのは、とりあえず良かった。

 前節まで秋葉清水がなぜあそこまで崩壊していたのか、正直、その原因自体が良く分からない。もちろん、監督に具体的な戦術がないことが全てではあるが、それは今までだってずっと同じだったはずだ。戦術の欠如を、戦力の足し算で補うのがこのチームの基礎コンセプトであり、なぜそれが急に駄目になったのかが謎だった。

 崩壊原因が謎なので、この岡山戦で危機を克服できたかどうかは、正直言って良く分からない。ただ、清水につける薬は、1にホーム、2に先制点であり、やはりカルリのスーパーゴールがでかかった。今季のカルリはブレーキになることも多かったが、この試合は今季で一番キレていたと思う。

 しかし、審判団がお粗末で、イライラが募る展開だったとはいえ、カルリと乾がイエローをもらい、両者とも次節千葉戦で出場停止になってしまうとは。前半戦のアウェー千葉戦で得点した2人だぞ。いるだけで、相手も相当嫌だったろうに。この巡り合わせが、次節どう出るか。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ