DAZNの実況の倉敷氏、解説の山口氏は、この横浜戦で、前半の清水の戦い振りを見て、散々駄目出しをしていた。清水お得意の、自分たちのコーナーキックからカウンターを浴びて大ピンチを招いた場面などでは、失笑すらしていた(実際、それで先制点も奪われたわけだが)。まあ、この人たち、清水の試合をあまり見ていないのだろう。多くの清水サポの皆さんは、「これ、ひょっとしたら、アウェーの謎引き分けのパターンかな?」と感じていたのではないか。案の定、後半のある時間帯だけは、清水のクオリティがぐっと上がり、良い時の川崎か浦和かと見まごうような素晴らしい崩しで、同点に追い付いた。まあ、我々清水サポは、今季何度かこういう試合展開を見せられているので、慣れてるっちゃあ慣れてるわけだけど、我がチームながら、つくづく分からないチームだなと改めて感じた。

 それで、同点ゴールを決めたのは、アウェーの鬼ことテセだった。所長はしばらく前から、「ひょっとして、アウェーのゴールだけに限ったら、テセがリーグの得点王ではないか」と思い始めていたのだけれど、調べるのも面倒なので放っておいたら、最新の報道でテセがアウェー得点王だということが報じられていたので、なるほど、やっぱりなと納得した次第だ。でも、いいかげん、ホームでもお願いしたいところである(笑)。まあ、You & Teseという新コンビも誕生したことだし、得点力はそんなに心配しなくていいんじゃないか。安い失点だよな、とにかく、問題は。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村