dochi

 当ブログ、「新スタジアム建設」を一つの旗印にしている割には、あまり触れる機会がない。まあ、議論が百出している広島なんかと違って、清水の場合、関連する情報が、ほとんど出てこないからね。必然的に、取り上げる機会も、あまりないという。

 でも、ご存知の方が多いはずだが、地元紙に上掲のような意見広告が出たということなので、スルーするのもなんだから、シェアさせていただく。

 所長は、クラブ百年の計を考えれば、いかに日本平への愛着があるとはいえ、やはり新スタジアムは必要だと認識している。その際に、交通至便な場所でなければ意味がなく、静岡市の状況から消去法的に考えると、清水駅前のこの土地は非常に貴重な選択肢の一つに思える。他方、私有地なので、どう利用するかは基本的には地権者の権利というのはそのとおりだが、これだけ影響の大きいプロジェクトなのだから、地域住民の意向も踏まえて慎重かつ多角的に検討すべきだと思う。別に、事業者にしても、たまたまここに土地をもっていたにすぎず、「駅前での火力発電所」ということに必然性があるわけではないので、地域住民、行政などと建設的な交渉を行う余地はあるのではないだろうか。これで、今後数十年の清水駅前の景観および環境・安全が決まってしまうのだから、見切り発車的なことだけは避けたい。

 非常に嘆かわしいのは、本件もまたもや、県知事と市長の政争の具となりつつあるように思えることである。所長の理解する限り、市長は発電所建設の推進派、県知事は慎重派であろう。市長が県知事へのライバル心をむき出しにするあまり、発電所建設で突っ走るようなことがあったら、重大な禍根を残すこととなる。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村