率直に感想を言えば、「失望」の一言に尽きる。負けないでよかった。ただそれだけ。つくづく思った。今の清水は、徹頭徹尾、リアクションのチームだ。ブロックで構えるような戦いをすれば、J1の上位相手にも拮抗した良い試合ができるが、力の落ちる相手に対して主導権を握り、勝ち切るということが、本当に下手である。でも、さすがに6つ下のカテゴリーのチームには、堂々と主導権を握り完勝してくれるのではないかと期待していたのだが、その期待は裏切られた。

 いわきFCについては、半ば都市伝説のようにフィジカルの強さが伝えられており、どんな恐ろしい連中が来るのかと、所長も少しビビっていたが、結論から言えば、普通のB級フットボーラーたちという感じだった。しかし、ボールタッチや選手の距離感、球離れなど、そんなに悪くない。逆に清水の方が、身長差も含めたフィジカルや個人の一芸で2点こそとったものの、サッカーそのものの一般的な質はどうもいわきに劣っているのではないかと思わされる場面が何度かあった。

 まあ、ホントに、負けなかったことは救いだ。負けでもしたら、マスコミの格好のネタにされ、張本に喝られたりと、酷い目にあっただろうからなあ。それを回避できたことだけは良かった。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村