bandicam_catch

 Jリーグの中継がDAZNになって、ダウンロードはできないし、見逃し配信は1ヵ月くらいで終わってしまうし、試合をアーカイブ化できないことに憤りを感じていらっしゃるサポさんも少なくないことと思う。しかし、DAZNが公式にダウンロードサービスを提供しているわけではないものの、裏技を使えば、録画自体はできないこともない。パソコンには、動画キャプチャーソフトというものがあり、それを使えば、録画も可能である。動画キャプチャーというのは、スクリーンショットの動画版みたいなものであり、自分のPCで行ったタスクを録画するだけだから、私的利用の範囲内なら、当然合法のはずである。DAZNの配信した映像をダウンロードするというよりは、DAZNの配信を再生している自分のPCの画面・音声を記録するというわけですな。

 このほど所長は、動画キャプチャーソフトの一つであるBandicamというのを自分のデスクトップPCにインストールし、DAZNの配信を録画する実験をしてみたので、それを清水サポの皆様にご報告したい。結論から言えば、上手く行った。ただし、言うまでもなく、皆様が自分でもお試しになる際には、自己責任でお願いしたい。

 BandicamのHPはこちらである。無料版もあるが、それだと最長10分しか録画できないので、試合が細切れになってしまう。そこで、所長は4,320円の有料版を購入した。スカパー!1ヵ月分と考えれば、高くはないだろう。ソフトの使い勝手は特に難しくはなく、直感的に操作できる。画質・音質などを設定できるが、DAZNの元々の配信がそれほどハイクオリティではないので、低目の設定で充分だろう。ただ、それでも1試合録画すると10GB近くになってしまうので、外付けHDDなどに保存するといいかもしれない。ファイル形式はAVI、MP4を選択可能で、作成したファイルはウィンドウズメディアプレーヤー等で再生することになる。

 そんなわけで、所長は早速、清水のリーグ戦のアーカイブ化に着手した(開幕から数試合は、もう見逃し配信期間が終わってしまっていて、不可能だが)。問題は、このBandicamというソフトというよりも、DAZNの見逃し配信ではしばしば画面がフリーズし、酷い時にはそのまま終了してしまうことだろう。だから、Bandicamで録画している時に、ほったらかしでいいわけではなく、画面を見て異常がないかをチェックしなければならないのが面倒だ。また、全画面で録画している場合は、その間PCで他の作業ができなくなる(してもいいが、その操作状況も録画されてしまう)というのも不便である。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村