エスパルス研究所

清水エスパルスの躍進と新スタジアム建設に向けた考察

111

 今回の柏戦の前半、清水はいつになく、ビルドアップが比較的上手く行き、ミドルサードくらいまでは簡単にボールが運べるので、見ていてそれほどストレスを感じなかった。結局、清水の前半のボール支配率は56%だったようである。これまでの試合で、清水は支配率が50%を超えて勝った試合が一つもないわけだが、「もしかしたら、その壁を、初めて超えられるか? 支配しながら勝つというロティーナサッカーの完成形を、初めて拝めるのか?」などと思いながら観ていた。

 しかし、そういう試合展開は、古狸ネルシーニョの思う壺だったのだろう。そもそも、清水はGKに2CBに2ボランチと、5人でビルドアップしており、対する柏はFWの2人がにらみを利かせる程度だったので、いかに清水と言えども、ミドルサードまでボールを運べるのは、当たり前である。

 なので、柏側としては、ある程度相手を引き込みながら、ボールを奪って、そこからクリスティアーノの機動力を中心に一気に攻め切って得点を奪うというのが、この試合の戦略だったのではないか。清水の側は、いつもと違ってある程度ボールが持て、何度かシュートまで行けたので、勘違いして、まんまと敵の策にはまったのかもしれない。

 もちろん、清水にしても、ボールを持って、ゴールを奪い切る力があればいいのだが、ロティーナサッカーに特有の「余計な一手間」によって、この試合でも攻撃が常にワンテンポ遅れる印象があった。実際には長短のカウンターで一気に攻め切った時の方が点がとれているのに、たまにこの日の試合のようにボールが持ててしまうと、逆に攻撃が停滞するのが清水だ。敵将は、そのあたりも見透かして、ハイプレスではなく、引き込み作戦を発動したのだろう。

 柏の虎の子の1点は、ワンタッチプレーが3つくらい続いた見事なものだった。清水だったら、ボールを持って迷ったり、トラップをして相手に寄せられたりしそうなところを、素早く完結し切った攻撃だった。いくらボールを持っても、ここぞという場面ではあれくらい決断およびプレーのスピードを上げないと、J1では点はとれないのだということを、見せ付けられた。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

110

 それにしても、思うのである。柏レイソルというのは、つくづく波の大きいチームである、と。J1でリーグ優勝したこともあるし、2020年のオルンガ台風のように、旋風を巻き起こすこともある。そうかと思うと、チームが崩壊し、J2に落ちたことも、実に3度にわたる。

 近年の清水は、J1の下位で低迷を続けているが、J2に落ちたことは、今のところ1度しかない。柏のような波の大きさは、清水には無い。

 興味深いことに、今シーズンの中でも、柏は非常に波が大きい。上の表に見るように、連勝とか連敗が非常に多いチームだ。それとは対照的なのが清水であり、今季の清水は連勝が無いが、大型連敗も一度もない(連敗は最大で2まで)。ずっと同じような調子で、くすぶり続けているのが今季の清水だ。また、柏は勝ち負けがはっきり出るチームなので引き分けが少ないが、対する清水は引き分けがリーグ最多レベルで多い。現時点で、清水と柏の勝ち点が接近していても、勝ち点の内容は全然違うのである。

 というわけで、本日の柏戦、もちろん清水の側に大いに奮起してほしいのだが、大前提として、今日の柏は、良い柏なのか、悪い柏なのか、それによって試合結果が大きく違ってくるはずである。清水の方のメンバーや戦い方はなんとなく想像がつくのだけど、柏はシステムも変えてくるし、瀬川などの怪我人情報もありメンバーも流動的だし、ホント、今日の対戦相手がどんな相手なのか、良く分からないんだよね。

 清水がJ1で生き残っていくために、本日の柏戦がどれだけ大事かなんてことは、当たり前のことなので、ここでは繰り返さない。結果あるのみである。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

107

 上のグラフは、今季の清水のリーグ戦における得点者を示したもの。まあ、そもそも31試合で31得点しか取れていないということが大問題なわけだが、その内訳にも大いに問題がある。ご覧のとおり、まとまった点が取れているのはサンタナ一人だけであり、あとは2点が最高なのである。

 個人的に思うのは、やはり昨年のチーム得点王であるカルリーニョスが、今季怪我がちなのが痛いなということだ。センターフォワードのポジションはサンタナに譲ったものの、カルリもずっと出ていれば、5ゴール以上は取れたのではないかと思うのだが、その彼がここまで2得点というのがとにかく誤算だった。

 あとは、鈴木唯人、中山あたりはもっとチャンスはあったし、ここには名前がないが、西澤、ディサロ、指宿、後藤などは、少なくとも3点くらいは欲しかったところである。

 案外、サンタナに次いで「3点の壁」を突破するのは、藤本になったりするかもしれない。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

1
2

 「Jリーグにおける勝率と集客率の関係」という記事が目に留まった。この中で、J1各クラブの勝率に着目し、過去3シーズン(2017〜2019年シーズン)平均と2020年シーズンでどのような変化があったのかという図が掲載されていたので、上掲のとおり紹介したい。横軸にアウェイ勝率、縦軸にホーム勝率を設定し、分析対象期間中に一貫してJ1に所属していた13クラブを対象にプロットしたものということである。

 「過去3シーズン平均(2017〜2019年シーズン)」を見ると、ホームでの勝率が最も低いのが清水だという現実があり、涙を誘う。2020年は単年度なので、データの信頼性がやや落ちるが、この年も清水はホーム勝率が下から3番目に低かったようだ。もっとも、2020年にはむしろアウェー勝率が対象13クラブの中で最も低いことが目を引くが。

 結論として、過去数年の清水はホームで滅法弱かったという現実が、可視化されたと言えるのではないか。そんな気はしていたが、やっぱりそうだったんだ。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

sn

 クラブチームでも、代表チームでも、どう見ても監督が限界を迎えている時に、「この試合で負けて、その結果、監督が代わるなら、それも悪くないか」と、我々観戦者側が感じる時がある。今回の日本代表のオーストラリア戦がまさにそうで、多くの人が、「森保監督のラストマッチかな、それも当然の報いか」という目線で観ていたと思う。しかも、サッカーファンの多くは、田嶋会長による協会私物化を承服できず、森保監督に固執するのはその弊害の最たるもので、「日本代表の敗戦により、田嶋体制の弊害があぶり出されるなら、敗戦も致し方無い代償か」といった、複雑な思いを抱いていたのではないか。

 他方で、日本代表が今回オーストラリアに勝てないと、W杯出場権を自動で勝ち取る2位以内はおろか、プレーオフに回る3位以内も限りなく厳しくなる。そういう意味では、絶対に勝たなければならない試合だった。

 なので、個人的に一番良いのは、日本はオーストラリアに勝つが、森保監督が自らの限界を悟って、試合後に自ら辞任するというシナリオだと思っていた。実際、試合前に君が代が流れている時に、森保監督が目を潤ませているのを見て、「この人は、勝っても負けても、これがラストマッチと覚悟を決めているから、感極まって泣いているのかな?」なんて勘ぐった。

 ところが、試合後の会見などから判断する限り、森保監督はまだまだやる気満々のようだ。試合後の円陣の時も、無茶苦茶ハイテンションだったし(テレ朝の中継では、実況・解説が余計な無駄話をして、森保監督が何を言っているのか聞き取れなかったのが残念だったが)。要するに、日本代表が逆境に陥り、風当たりが強まったことで、森保監督はだいぶ情緒が不安定になっただけで、本人の決意に変わりはないということのようだ。

 個人的に、森保氏は人物として嫌いではない。もしかしたら、彼が監督を続けても、奇跡的にW杯に出場することはできるのかもしれない。しかし、代表監督がどうしても彼である必然性は無いし、W杯出場の可能性を高めてくれる監督候補は絶対にいるはずだ。確かに、オーストラリア戦で森保監督はシステムやメンバーをいじり、勝利にはプラスだったとは思うが、他の監督でもそうしたとか、もっと早くやるべきだったという声もあるだろうし、それよりも崖っぷちに立った選手たちが奮起したという要因の方が大きかっただろう。

 森保氏が代表監督を務めているのは、ただ単に、田嶋会長のお気に入りだからであろう。オーストラリアに勝ったことで、W杯を目指す日本代表は首の皮が繋がったが、森保監督の首の皮も繋がってしまい、恐らくこの体制が続くことになるのだろう。日本代表の最大の敵が、日本サッカー協会の会長であるという歪んだ状態が、続くことになるのか。うんざりだな。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

sn

 FC東京は、ルヴァンの準決勝敗退で今季の無冠が確定し、契約最終年の長谷川健太監督と延長しない可能性があるらしい。そして、日本代表が本日のオーストラリア戦で勝てなかった場合、森保監督は解任となり、健太が日本代表監督に就任するという観測が、一部で唱えられている。

 実は、個人的に、健太は代表監督に向いているのではないか、いやむしろ代表監督にこそ向いているのではないかと感じていた。

 一番は、やはりモティベーターとしての能力だろう。メモばかりとっている森保監督と違って、健太は選手とともに戦い、やる気を引き出すのに長けている。代表チームというのは、もともと能力が高い選手が集まってくるわけで、監督の一番大事な役割は、戦術云々もさることながら、選手たちを団結させ能力をMAXで発揮させることである。そうした観点で、健太は適任だ。

 逆に言うと、健太はそれほど豊富な戦術的引き出しがあるわけではないので、じっくり作り上げるクラブチームの指揮官としては、一定の限界がある。ガンバの時のように、豊富な戦力や攻撃文化を引き継いだ時には、いきなり結果を出せるが、3年くらいするとマンネリになってくる。清水でも、FC東京でも、突き抜け切れなかった。

 健太は、割り切った、シンプルな戦術をとる指揮官であり、その意味でも、準備期間の短い代表チームには向いていると思う。

 健太は、代表監督としては、あまり「カリスマ性」のようなものは感じられない。しかし、FC東京に復帰した長友が、早くも健太の人柄に心酔していると伝えられるように、ベテラン・若手を問わず、選手には慕われる。

 最近の若手、海外組にとっては、「ドーハ組」の年代の指導者は、古臭いものと感じられるかもしれない。しかし、日本代表で攻撃のキーマンとなる久保建英をFC東京で、堂安律をガンバ大阪で、健太は指導した経験がある。その点も、今の日本代表監督に適しているかもしれないと考える根拠だ。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

penetrate

 J1が休止中なので、土曜日はJ2の磐田VS北九州をDAZNで観てみた。ご存知の方も多いと思うが、磐田が4:1と大勝した。

 ところで、現時点でのロティーナ清水と磐田、どちらが強いだろうか?

 その大前提として、所長の持論を一つ申し上げると、J1を残留するのと、J2で2位以内に入って自動昇格を勝ち取るのとでは、全く違うチーム力が必要になると考えている。

 J1で残留するために大事なのは、「崩壊」しないことである。チームが迷走したり、バラバラになったり、大型連敗を喫しないことだ。だから、ロースコア、引き分けベースの試合を多くして、上手く行った時に時々勝つというだけでも、一応はJ1で生き残れる。

 それに対して、J2で2位以内に入って自動昇格を勝ち取るためには、「爆発力」が求められる。勝って勝って勝ちまくらないと、自動昇格はできない。

 たとえば、ヴァンフォーレ甲府さんのことを考えれば、良く分かる。甲府というのは低予算で地味ながら、伝統的に良く組織された好チームである。ああいうチームは、崩壊はしないので、いったんJ1に上がりさえすれば、しぶとく生き残り、何年も連続で残留できる。しかし、一度J2に落ちてしまうと、勝ちまくる爆発力はないので、なかなかJ1に復帰できない。J2の上の下くらいが定位置になり、プレーオフでの昇格に期待をかけるしかなくなる。

 さて、今季のJ2戦線ももう佳境であり、磐田は間違いなく2位以内に入って自動昇格を決めるだろう。今季の出だしこそもたついたが、完全に勝ち方を覚え、現在はまさに爆発的に勝っている。以前はウノゼロ勝利も多かったが、最近ではコンスタントに複数得点を挙げている。北九州戦を観ても、点をとるツボみたいなものを全員で共有できている。

 来季、磐田がJ1に上がってきても、J2時代に体得した勝ち方、点の取り方は、ある程度通用するはずである。今の磐田のチームの意識として、J1に上がってどれだけできるかを、すでにかなり意識しているようである。ベテラン依存が若干気になるが、来季J1でも中位くらいは狙える力があるかもしれない。

 一方、今のロティーナ清水は、とにかく爆発力が無い、複数得点がなかなかとれない、連勝ができないというのが特徴である。こういうチームは、J1でぎりぎり残留するくらいはできるかもしれないが、J2で2位以内に入るのは絶対に無理である。サポさんの中には、「たとえJ2に落ちてでもロティーナ体制の継続を」とおっしゃる方もいるが、たぶんロティーナのサッカーではJ2の2位以内は無理であり、実際ヴェルディの時もプレーオフ止まりだった。その意味でも、清水は今季、絶対に落ちては駄目である。というわけで、J2の中で自動昇格の2位以内に入るという能力からすれば、今の清水よりも磐田の方が上であろう。

 では、J1の中で清水と磐田がしのぎを削ったら、どうなるか。まあ、良く分からんが、今のロティーナ清水の低い完成度を前提とすると、順位は磐田が上になりそうな気がする。J1の中でも、勝ち点3をとる能力は、磐田の方が高そうだから。直接対決したら、どうかなあ? 1:1の引き分けくらいか?

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

10b

 昨日に引き続き、2021年清水エスパルスの出場ポイント選手権の後半をお届けする。昨日のAクラスに続いて、本日はBクラスである。それが上表となる。

 一口にBクラスと言っても、状況は人それぞれである。井林、松岡、ホナウド、コロリはこの夏に加入したのでまだポイントが低いのは当然であり、むしろ先発出場を続け急激に追い上げている。

 一方、Bクラスの中には、(レンタルも含め)清水を去った人々もおり、彼らのポイントが伸びないのは当然だ。福森、金子、マテウス、石毛がそれに当たる。

 そして、ここには長期離脱者の名前もある。エウシーニョ、ヘナトがそれであり、果たして今シーズン中に彼らの勇姿を再び見ることはできるのだろうか?

 そして、指宿、滝などは、別に長期離脱をしているわけではないが、リーグ戦の先発に割って入るのには力不足といった位置付けであろう。ただ、滝は最近、途中投入するアタッカーの一番手みたいな位置付けに変わってきている。滝の出場機会が増えたのは、あの岩手の地でのスーパーゴール以降であり、たぶんあの一発は彼のキャリアにとって非常に大きなものだったはずだ(何色のユニを着るか、何年ユニを着るかが変わってくるはず)。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

10a

 今季のお楽しみ企画としてお届けしている「出場ポイント選手権」。リーグ戦が小休止しているところなので、また更新してみた。

 改めて説明すれば、◎が先発出場、〇が途中出場、△がベンチ入りしたけど出場なし、×がベンチ入りせず。カップ戦よりもリーグ戦の方が重要性が高いので、リーグ戦のポイントを2倍にしている。ゆえに、リーグ戦は◎が6pt、〇が4pt、△が2pt、×が0pt、ルヴァン・天皇杯は◎が3pt、〇が2pt、△が1pt、×が0ポイントとし、ポイントを集計して順位付けしている。ただし、ルヴァンのプレーオフは重要度が高かったので、今回プレーオフの2試合はポイントを1.5倍にし、◎が4.5pt、〇が3pt、△が1.5pt、×が0ptとしている。

 というわけで、J1第31節までの出場ポイントランキングをお届けしたいのだが、この表もだいぶ大きくなってきたので、上下に分けてお届けしたい。今季の公式戦(エリートリーグは含まないが)に出場した清水の選手は今のところ38人なので、本日はAクラスの18人をまとめた表をお目にかける。Bクラスの18人は明日お見せすることにする。

 先頭集団を形成するのは、ヴァウド、サンタナ、権田であり、リーグ戦でほぼ必ず先発出場を続けている3人である。カップ戦に絡んだ回数が多い分、ヴァウドがトップとなっている。ただ、鈴木義宜が完全復活した場合には、センターバックの序列がどうなるかは不透明であり、このままヴァウドがトップでフィニッシュするかは分からない。

 一方、SBを務めることの多い片山と原は、戦線離脱していた時期もあったので、トップ集団とは行かないが、最近の試合ではほとんど先発フル出場ということが多い。しかし、稼働率が高すぎるせいか、最近この2人のプレーの質が落ちているように感じるのだが、どうだろうか? そう考えると、やはりバックアッパーとしての奥井の存在は貴重だ。

 松岡とホナウドの加入で、序列が一変したのが、ボランチである。一時はリーグ戦・カップ戦を問わずずっと先発出場を続け、ロティーナサッカーの申し子(?)のような様相を呈していた宮本が、完全にポジションを失った。現時点のロティーナの評価としては、松岡・ホナウドの次は竹内であり(一時期監督の信頼を失っていたと思われる時期があったが、取り戻したのか?)、だいぶ離れて河井、宮本ということになっているのだろう。このままでは河井は来季の契約が微妙かもしれない。ロティーナが中村をどのように評価しているのか(ボランチかアタッカーか)、中村本人のコンディションがどうなのかは、外からは分からない。

 アタッカー系で、ここに来てめっきり出番が減っているのが、その中村と、後藤、中山らである。ロティーナは中山には期待してるっぽいので、中山は最近はコンディション不良で出れなかったのか? 後藤は、前半戦はほぼすべての試合に絡んでいたのに、後半戦は正反対の存在感の無さであり、一体どうなっているのか?

 明日の後半に続く。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

sn

 個人的に、午前2時キックオフの日本代表の試合をリアルタイムで観る根性は無く、サウジアラビア戦は今朝見逃し配信で視聴した。ただ、もしも清水がACLとかクラブワールドカップにでも出場して、未明に試合があったら、どんなことをしてでもリアルタイムで観るのではないかと思う。自分にとってのプライオリティは、まあそんなところだ。

 ただ、今回のW杯予選がいつもと違うのは、清水の守護神・権田が日本代表のゴールマウスを守っていることである。W杯の予選や本選に清水の選手が出るのは、岡崎が清水に在籍していた時以来だと思うので、10年以上無かった、日本代表の試合を自分のものとして観戦することができているわけで、有難いことだ。

 サウジ戦、コンディションの問題もあり苦しい戦いではあったが、権田のビッグセーブもあり、内容的にはスコアレスドローが妥当という感じだった。柴崎の有り得ないようなバックパスのミスさえ無ければ、恐らくゼロゼロで終わっていたのではないか。

 これで、オーストラリアに勝てなかったら、さすがに森保監督は解任かもしれない。キャプテン吉田は、「協会、監督、選手は皆、責任を取る覚悟ができている」なんて凄い発言もしており、監督だけでなく田嶋会長の引責などという話になるかもしれない。そうなれば、代表のメンバーも大幅な入れ替えがある可能性がある。

 有名なLeo the footballという人が、以前発表したこちらの動画で、柴崎についてかなり激しい駄目出しをして、GK権田についても足元に不安があるので、シュミットや中村航輔を起用すべきだと主張しており、個人的には「やっぱそうかなあ…」としょんぼりしていた。今回、柴崎の致命的ミスで失点を喫したことで、柴崎に加え権田も批判の矢面にさらされたりしないかと、その点を不安視している。もし、代表監督が交代となったら、権田の地位も安泰ではなくなりそうである。

 ちなみに、若い人はご存知ないだろうが、1998年フランスW杯に向けた最終予選も、今回と同じような大苦戦だった。なので、個人的には、「ああ、昔もこんなヒリヒリした感覚があったよな」と、懐かしく思い出す。ただ、あの時は国民の熱量が今とは全然違って、Kingカズが暴徒化したサポーターと衝突したり、良くも悪くも国民的関心事だった。今は、地上波中継がないくらいだし、その点が決定的に欠落している。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ